「黄色いライスカレー」

画像



われらがオトナ映画部の第1回作品で、わたくしタカハシの初監督作品でもあります。

原作と脚本は小説家の平谷美樹さん。撮影監督は上屋敷益元さん。
スタッフ、キャストとも、みんなみんな、楽しいこと大好きな親しいオトナたちです。


6月28日にクランクインし、盛岡・北上・水沢・川井・雫石などで週末ロケが展開されます。
一般の方々も見学も自由にできますし、もしかしたらエキストラで引っ張り出しちゃうかも。


【ロケスケジュール】

●6月28日 盛岡
午前7時 スタッフ集合(東家本店付近)~ロケ準備
午前8時 ロケスタート クレーンを使った平沢歩きのシーン他
午前9時 ハローワーク(おでって事務所)
午前10時 パンを買う商店(嶋岡商店)
午前11時 平沢歩きのシーン各種
午後1時 昼メシを食う~街を眺める~古い町へと下りて行く(岩手公園)
午後3時 オフィス回想(ラクラ編集部)
午後4時 平沢歩きのシーン各種(午前にできなかった分)
午後5時 借金取り立て(菜園民家)        ※時間はメドです。


●7月5日 水沢 午後1時過ぎ~
和食処弥科さん(外観・内部)

●7月11日 北上 午後1時~
喜久盛さん
リヤカー回想
走って逃げる平沢

●8月1日 盛岡
ポンプ式井戸に隠れるシーン(一ノ倉邸)
菜園民家

●8月2日 川井村箱石 午前9時~
長屋百貨店(昭和の学校)
駄菓子屋回想・昭和点描

●8月8日 雫石・盛岡
長屋百貨店外観(雫石昔語り館)
平沢が歩くシーン(不足分あれば 盛岡市内各地)
バスの両替シーン
アパート内
アパートの外(青山町あたり)
タイムスリップから戻る坂道(新庄町あたり、天満宮階段)




公式ホームページはコチラ♪
http://memeplex.net/otona/

六花舎のお仕事 【広報紙の企画制作】

画像


ここに紹介した見本は、定期刊行されていた某所の広報紙です(すでに業務としては停止しています)。
この時は、媒体全体の企画、および特集記事のプロデュースを担当しました。
書き手は作家さんやプロのライターに依頼したり、六花舎で担当したりといろいろですが、
ここに見本として紹介してある書き手は岩手県金ヶ崎在住の平谷美樹(ひらや・よしき)さん。
SF作品で第一回小松左京賞を受賞後、現在は歴史ミステリーや怪談奇談も手がける作家さんです。

http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_36/vol36_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_37/vol37_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_38/vol38_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_39/vol39_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_40/vol40_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_41/vol41_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_42/vol42_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_43/vol43_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_44/vol44_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_45/vol45_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_46/vol46_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_47/vol47_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_48/vol48_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_49/vol49_2fr.htm
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_50/vol50_2fr.htm

平谷美樹公式ブログ
http://utayomigaw.exblog.jp/

六花舎のお仕事 【イベント企画&プロデュース】

アウトドア系のイベントやトークショー、そして音楽イベントなどの
プランニングからプロデュース、そして当日の運営までに携わらせていただいています。
自治体や企業のイベントから、青年会や町内会の祭りまで、
集う人が笑顔になれるものなら、いかなるものにもお手伝いさせていただいています。
ブライダル系のオリジナルプランニングにも対応いたします。


近年関わらせていただいたイベントには例えばこういうものがあります。

「椎名誠と行くデジカメ片手の種差海岸みちくさトレッキング」
http://www.tanesashi-kaigan.jp/index.html

「岩手木炭セミナーinモビリア」
http://www.mokutan.jp/event/index.html


また、かつては六花舎オリジナル企画として作家・椎名誠さんのイベントを企画運営いたしました。

画像

北東北旅、自由自在。

北東北旅、自由自在。
六花舎が貴方だけの「北東北旅」をアシストします。

画像


岩手・秋田・青森……いわゆる北東北3県と呼ばれる、本州の北はずれに位置したこのエリアには、今も「日本の原風景」が色濃く残されています。

一見、素朴で地味と捉えられがちな「北の風土」には、広い日本でもここだけにしか存在しえない歴史や文化が息づき、そこにまた独特な食や芸術などが生まれ、現在に至っているのです。

北の風土に根ざした地域性を発信してきた「六花舎」では、単に情報発信するだけでなく、そうした風土をじかに見聞し、手触りや風として感じていただくために、アナタだけの完全個人主義の北東北旅を、プランニング・プロデュース・コーディネート・ナビゲート&ガイドさせていただいています。



☆例えば、貴方が「北の古刹めぐりの旅」を要望されているとしましょう。
私ども六花舎では、さまざまな情報蓄積をもとにして、アナタだけの寺院仏閣旅を提案させていただきます。

☆例えば、貴方が「初夏の旅」を要望されているとしましょう。
私ども六花舎では、さまざまな情報蓄積をもとにして、アナタだけの初夏の北東北風物ルートを提案させていただきます。

☆例えば、貴方が「三陸魚介類を堪能する旅」を要望されているとしましょう。
私ども六花舎では、さまざまな情報蓄積をもとにして、アナタだけの旬の海の幸プランを提案させていただきます。



もちろん、これらすべての貴方ならでは要望を「自由自在」に組み合わせながら提案させていただくものです。

日程・費用・人数に応じて、またいくつもの要望に沿って、貴方だけの旅を無限に提案することが可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

記憶を、記録に。 ~私ものがたり 聞き書きサービス~

記憶を、記録に。
~私ものがたり 聞き書きサービス~

子々孫々そっと伝えたい、
自分だけのドラマや物語を
誰もが胸に抱いています。

趣味、研究、スポーツ、戦争体験、恋愛、家族の話……
人生の歩みの中で自分だけが体験したストーリー。
そんな「貴重な記憶」を「後世に伝える記録」として残しませんか。

文章を書けなくても構いません。
取材・執筆のプロが懇切丁寧に
「聞き書き」させていただきます。


【制作手順】
電話・ファックス・電子メールにて依頼ください

ご都合を調整して指定の場所に打ち合わせに伺います
記録するテーマの絞り込み、料金の確認、本取材日の決定などをいたします

本取材 1日
※内容に間違いがないよう、お話の様子を録音、録画させていただきます
(原稿作成後はプライバシー保護のため責任を持って消去いたします)

原稿作成 約2週間

校正作業
いったん作成した草稿をご当人に校正していただき、それをもとに修正します

納品 約1カ月後
宅配便にてお届け

料金をお振込いただきます


【納品形態】
・原稿1セット(基本的に製本は致しません)
・後日小冊子化する場合に利用できるテキストデータをCDRにて納品


【料金】
80,000円~
(打ち合わせ1回、本取材1日、原稿作成、原稿編集、出力原稿1部&データCDRの納品/消費税込)

※原稿の分量、本取材日数、校正回数などによって、お見積もりが変わります
※予算ありきでのご相談にも応じます。遠慮なくお問い合わせください
※打ち合わせ地、および取材地が当社より遠方の場合、別途交通費を頂戴する場合があります


【お問い合わせ・お申し込み】
電 話 019-643-6262
FAX 019-643-6226
メール rokkasha@rnac.ne.jp

画像

記憶を、記録に。 ~私ものがたり 聞き書きサービス~

画像




記憶を、記録に。
~私ものがたり 聞き書きサービス~

子々孫々そっと伝えたい、
自分だけのドラマや物語を
誰もが胸に抱いています。

趣味、研究、スポーツ、戦争体験、恋愛、家族の話……
人生の歩みの中で自分だけが体験したストーリー。
そんな「貴重な記憶」を「後世に伝える記録」として残しませんか。

文章を書けなくても構いません。
取材・執筆のプロが懇切丁寧に
「聞き書き」させていただきます。


【制作手順】
電話・ファックス・電子メールにて依頼ください

ご都合を調整して指定の場所に打ち合わせに伺います
記録するテーマの絞り込み、料金の確認、本取材日の決定などをいたします

本取材 1日
※内容に間違いがないよう、お話の様子を録音、録画させていただきます
(原稿作成後はプライバシー保護のため責任を持って消去いたします)

原稿作成 約2週間

校正作業
いったん作成した草稿をご当人に校正していただき、それをもとに修正します

納品 約1カ月後
宅配便にてお届け

料金をお振込いただきます


【納品形態】
・原稿1セット(基本的に製本は致しません)
・後日小冊子化する場合に利用できるテキストデータをCDRにて納品


【料金】
80,000円~
(打ち合わせ1回、本取材1日、原稿作成、原稿編集、出力原稿1部&データCDRの納品/消費税込)

※原稿の分量、本取材日数、校正回数などによって、お見積もりが変わります
※予算ありきでのご相談にも応じます。遠慮なくお問い合わせください
※打ち合わせ地、および取材地が当社より遠方の場合、別途交通費を頂戴する場合があります


【お問い合わせ・お申し込み】
電 話 019-643-6262
FAX 019-643-6226
メール r o k k s h a @ r n a c . n e . j p

六花舎のお仕事  【オリジナル雑誌「ふうらい」 第7号~第12号】

画像


「フィールドワークで岩手の謎に挑む季刊誌 ふうらい」

左上からZ字の順に

第7号 鬼(エミシ)紀行。
第8号 渓1グランプリ2002
第9号 イワテ黄金理想郷。
第10号 イワテあおもり県境、謎風土の旅 北へ。
第11号 明治、大正、昭和初期 芸者・芸妓たちの肖像
第12号 椎名誠のイワテ大釣行記

六花舎のお仕事  【オリジナル雑誌「ふうらい」 創刊号~第6号】

画像



「フィールドワークで岩手の謎に挑む季刊誌 ふうらい」

左上からZ字の順に

創刊号 徹底検証義経北行伝説
第2号 晩秋の「遠野物語」紀行
第3号 神々の国、西和賀。
第4号 焚火キャンプで百物語
第5号 いわてピラミッド伝説
第6号 南部藩と異界都市盛岡。